ベッキーと舛添都知事問題を同列にあつかうマスコミの愚かさ2016年05月15日 10時45分13秒

最近、芸能人やスポーツ選手のスキャンダルが大々的に報道されることが多いが、いかがなものかと思っている。そもそも芸能人やスポーツ選手に高い倫理観を求めるのっておかしくないだろうか?

彼ら(彼女ら)は政治家じゃないし、教育者でもないし、もちろん神父やシスターでもない。単に一芸に秀でた有名人に過ぎない。
擁護する気は全くないが、個人的には芸能人ってそれくらいのことはあって当然で、全く驚くようなことでは無いと思う。それに不倫ってのは少なくとも刑事事件じゃない。民事で解決する問題だ。
覚せい剤やヤミ賭博は刑法に触れるので、そういう事案は法律に基づいて処罰を受ければよいだろう。あとはワイドショーなどで芸能ネタとして紹介されれば、それで十分だろう。
大々的に報道して、再起不能に追い込むほどの必要性があるだろうか?すぐに番組を降板させたり、CMを下ろしたりする企業側もやりすぎじゃないのか?タレントに高い倫理感を求めることのほうがおかしいんじゃないだろうか?

たまたま時期が重なったせいもあるだろうが、ベッキーの騒動と舛添東京都知事の問題が同列に比較されている記事を見て唖然とした。
東京都知事は公職であり、都民の税金の無駄遣いとか、政治資金規正法に触れる重大な問題。かたやベッキーは、たかがタレントの不倫問題である。